幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

意外とイケる! 効果抜群!安くて簡単! ヨーグルト納豆

超カンタン ヨーグルト納豆!

ヨーグルト納豆作り方

 先日、夜納豆のことを書き『ヨーグルト納豆』というものが出てきて、私的にかなり気になっていたので早速やってみました。

納豆1パックにヨーグルト大さじ2杯くらい

後はただ混ぜるだけ。

 

混ぜていて思ったことは

ちょっと糸が硬くなったような。

でもフワフワしていて

納豆でもヨーグルトでもない別の何かになった感じ。

長芋ネバネバ練っているみたいでした。

 

ヨーグルト納豆 味は・・・

 お箸ではかなり食べずらいです。

納豆感?や納豆の味は、あまりしなくて

ヨーグルトに糸が引いている・・・。

フワフワしたクリーミーまろやかな

ちょっと酸っぱいさわやか納豆?

酸っぱいといっても

プレーンのナチュラルヨーグルトの酸味なのでそんなに強くないです。

 
f:id:ishikara:20180225021920j:image

私は納豆のたれは使わないので、

ヨーグルトと納豆だけではやっぱり味気なく

同じ乳酸菌だからと、キムチを混ぜました。(笑)

結局いつものキムチ納豆じゃん。

 

 

でもかなりまろやかな

キムチ納豆になりました!

これはこれでも良いかも知れないけど・・・・・。

わざわざヨーグルト入れなくても良いかも。(笑)

 

最初からいつものキムチ納豆でよかったやん!

 

なんかこのままだとちょっと悔しいので

いろいろ調べてみました。

 

納豆菌と乳酸菌

そもそも納豆菌と乳酸菌は相性が良く

お互いの効果を高めあうようです。

乳酸菌は善玉菌。

腸の環境を整え抗がん作用や、免疫増強作用がありますが、

身体に留まることができないので

数日くらいで体外へ出てしまうそうです。

 

さらに。

乳酸菌は、加熱に弱く60度を超えるとほぼ死滅してしまうそうです。

トーストに塗って焼いたりしても

乳酸菌は死滅してしまっているという事になるのですが

死滅した乳酸菌も悪玉菌をくっつけて体外へ出るそうなので

腸内環境を調えるためには良いようです。

 

やっぱりヨーグルトは、少しずつでも毎日とった方が良いですね。

 

 

納豆菌は血栓を溶かす効果が認められ

血液サラサラ効果があることもみなさんご存知ですよね。

だけど、納豆にも整腸作用や抗菌作用があるようです。

カルシウムの吸収促進効果があるそうなので

ヨーグルトと一緒に取ると骨粗鬆症予防にかなり効果的かも知れません。

私が夜キムチ納豆を食べた後

ヨーグルトを食べたくなるのは、カルシウムの吸収がしやすい状態だったので

きっと身体が要求していたのですね。

 

相乗効果!

実はこの納豆菌と乳酸菌を一緒にとると相乗効果があるそうなのです。

納豆菌のおかげで乳酸菌が10倍以上に増殖するそうです。

納豆の抗菌作用で悪玉菌の繁殖が抑えられ

善玉菌の繁殖に適した環境になるのではないかと言われているそうですが、

じゃぁ。

ヨーグルトとキムチどっちも乳酸菌を持っていますが

どっちを混ぜたら効果が高いのか?

そんな疑問も出てきますよね?

 

どうも

ヨーグルトの乳酸菌は動物性。

キムチの乳酸菌は植物性。

この違いが、大きく関わってくるようです。

 

動物性の乳酸菌は胃酸に弱く、

腸まで届く前にほぼ死滅してしまうそうなのですが

植物性の乳酸菌は、胃酸に対しての抵抗もあり

腸まで行くことができるそうなのです。

ただ、動物性の乳酸菌も胃の中にほかの食べ物が入った状態で

胃酸が弱まっていれば腸まで届くこともできるそうです。

 

結論

結局、納豆になに混ぜたらいいのさー。(北海道弁?)

ヨーグルト?キムチ?

となりますが、

私は明日から

キムチ納豆&デザートヨーグルトにします。

だって

納豆に混ぜたヨーグルトじゃヨーグルトが足りなくて

もっとヨーグルト食べたいし。

キムチ納豆&デザートヨーグルトならそんな時間差無いから

胃や腸の中での効果は一緒かなー。なんか効率的!

なんて思っています。

 

ちなみに

デザートヨーグルトは

バナナ1本入れてプレーンのナチュラルヨーグルトを食べています。

 

 

今日拝見させていただいたサイトはコチラ

健康維持のために!乳酸菌と納豆菌の効用と効果的な摂取方法 | Surusuruマガジン

ありがとうございました。