幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

融雪剤を使わないで、早く雪を溶かす方法!

こんにちわ。*いいことあったん*です(*^^*)

今年の3月は温かくて雪解けが早いですね。

石狩市内も道路の雪が無くなってきました。

お庭の雪も早く溶けたら良いのにな。

と思っていたら、もう融雪剤が売られていました。

 

私は、融雪剤を使わないで毎年雪を溶かしているのですが、今日は我が家でこの時期やっている早く雪を溶かす方法を書いておこうと思います。

 

方法は単純作業で簡単!

雪かきよりも体力使わないし簡単!

ついでにお金もかからないし

土にも優しい!\(^-^)/

 

用意するもの

1 雪山

2 スコップ

3 体力

 

第一作業

 

スコップを雪に刺します。
 f:id:ishikara:20180315184604j:image

少しだけ、前に倒します。


f:id:ishikara:20180315184521j:image

 

これを繰り返します。


f:id:ishikara:20180315184831j:image

ぐさぐさぐさぐさ。

これで終了。


f:id:ishikara:20180315184953j:image

次の日にもまた繰返します。

雪の中にスコップを垂直に立てるような感じで刺すと良いです。

 

雪がぎゅっと固まっている状態なので、

スコップで空気を通りやすくする。

みたいな感じです。

この時期の暖かい空気が中に入り込み、内側からも雪を溶かします。

 

一度、スコップを刺したところは、ざらめ雪のようにザクザクした雪になっていくので、

これを壊すのも楽しいです。(^-^)

シャラシャラ音がして、春だな➰って

感じがします。

 

暖かいといっても、北海道の3月ですから、10℃いかないですけどね。(笑)

北海道では、

プラスだったから暖かかったねー、とか

今日マイナスだったから寒いねーなどと、

言います。

つまり1℃あれば暖かい日。

これが春の兆し(^-^)/。

 

そして、家の壁際は、
f:id:ishikara:20180315185337j:image

こんな感じで雪が溶けて隙間があいているので、


f:id:ishikara:20180315185424j:image

雪を壁にくっ付けるように寄せていきます。

 コンクリートも温かくなっているので、びっくりするほど早く雪が溶けます。

 

暖かいと言っても、さわるとすごく冷たいです。

『プラスの温度デス(笑)』(*´・ω・`)b

 

それでも数日すると
f:id:ishikara:20180315185253j:image

こんな感じで、地面が見えてきます。


ぐさぐさぐさぐさ。

スコップをただ刺していくだけの作業なので、試してみてください。

 

壁際の作業や軒先の作業は、屋根からの落雪にお気を付けてくださいね。

屋根の雪が全部落ちてからでも

できる作業なので

くれぐれも安全な状態になってから

作業してください。

この時期の落雪は、雪が重くて

大変危険です。

 また、氷のように鋭く固くなっている部分も多いので、怪我もしやすいので、注意してくださいね。

 

今年は暖冬で雪が少なかったですが、

みなさまも雪かきお疲れ様でした。

除雪から解放されると

それだけで、何だかうれしいです。

春が来るって、花が咲くことだと

思っている方も多いでしょうが、

雪国の春は

雪が溶け始めることなんですよ。

 

早く花咲といいなー(*^^*)