幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

マメツブテから貧民LEVEL-1へ

小さなマメツブテは、一枚の紙切れを手に入れた。

そこには見たこともないような、不思議な言葉と想像を絶するすばらしい世界が描かれていた。中央にはGoogle城!

小さなマメツブテは思った。

『何だかわからないけれど、行けるところまで行ってみよう!』

そのとたん!

一枚の紙切れは、真新しい地図に変わり、小さなマメツブテは貧民LEVEL-1になった。

 

貧民LEVEL-1は、真新しい地図に書かれていた暗号をひとつ読み取ることができた。

Google AdSense

貧民LEVEL-1は、そこを目指すことにした。

 

貧民LEVEL-1は、情報を集めることにした。

GoogleAdSenseとは、いったいなんなのか?

通りすがりの村人1が、アプリをダウンロードすれば良いと教えてくれた。

 

貧民LEVEL-1は、Googleplayでアプリを手に入れた。

『アプリは、手に入ったけれどどうやったら動くんだ?』

店主が、まずは登録をして、申請すれば良い。簡単にできると、誰もが言っているらしいと教えてくれた。

 

よし!簡単ならやってみよう!

貧民LEVEL-1は、明るい未来に向かって歩き始めた。

 

 

貧民LEVEL-1は、言われた通り登録をして、申請をした。後は、通知が来るまで村外れの小さな宿屋で、待つことにした。

すると一通の手紙が来た。そこには審査不能と書いてあった。

 

貧民LEVEL-1は、どうしたらよいのかあちらこちらに聞いて回ったが、誰も知っている人はいなかった。

 

疲れはてた貧民LEVEL-1が宿屋でうとうとしていたら、カミノツカイがやって来て、

Google search consoleと呟いて消えた。

 

貧民LEVEL-1は、検索窓を開けて探した。

すぐに見つけることができたので、登録をしてみようと思ったが、ドメイン王国と、はてな王国とのやり取りが必要なことがわかり、何度も往復するはめになった。

 

やっとの思いでGoogle城へ向かおうとしたら、魔神DNSが現れた!

魔神DNSが、攻撃してきた。

貧民LEVEL-1のLIFEは消えた。

さらに魔神DNSが攻撃してきた。

貧民LEVEL-1のLIFEはまた消えた。

 

あとが無くなった貧民LEVEL-1は、

考えた。

違う方法を試してみようと辺りを見回すと

魔神DNSの横に小さな扉が開いていた。

貧民LEVEL-1は、魔神DNSの攻撃を交わし、全力で走り込んだ。

 

そこには。

不思議な暗号があった。

 

それをはてな王国へ持ちかえると

Google search consoleと書かれた枠が

見つかった。

暗号をはめ込むと、Google城の遣いから

キラキラした手紙が来た。

貧民LEVEL-1は、その手紙を受けとると

貧民LEVEL-2に昇格した。

 貧民LEVEL-2は、AdSenseの審査を通過するためにはGoogle search consoleの登録が必要だと言う智識を得た。

 

昨日の私、こんな感じでした。(笑)