幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

女性土俵問題 本当に大切なこと。大切にしなければいけないこと。

お題「最近気になったニュース」

 

最近の女性土俵問題を見ていて思うんです。

私たちホントに大事なことが見えなくなってしまっているんじゃないかと。 

news.yahoo.co.jp

 

日本の伝統の中には、相撲界だけではなく、

女性の立ち入りや

女性が関わることを禁じていることが

たくさんありますね。

いえ。正確には

たくさんありましたね。です。

 

現在の世相や、私たちの生活環境から見ると

女性差別、女性蔑視、男女不平等とか

差別化されているように見えるのかも知れませんが、

本来ここにはどうしてそうなっているのかと言う、

理由があるはずなのです。



f:id:ishikara:20180406141101j:image

 

陰と陽の話

この世に在るものには、

陰と陽とに別れる属性があります。

女性は陰。

男性は陽。

これは、

どっちが正しくてどっちが間違いとか

どっちが優れていてどっちが劣っているとか

どっちが上でどっちが下とか

そういう優劣の問題ではなく

どちらも対等で

どちらにも適した環境が在るということです。

 

今は、女性禁止とされていたところに

女性の立ち入りを認めようと言う動きが活発です。

最近の最も大きい動きでは、女性天皇の問題。

ここでも『女性であること』が、どうしてダメなのかが、論点になりました。

神の遺伝子だとか、

後継者問題だとか。

 

いろいろあったようですが、

私たちが見落としているのは

男性は陽

女性は陰

と言うことです。

先程も述べましたが、

どっちが良いとか、

どっちが悪いと言うことではありません。

 

ここにはどちらが適しているのか。

と言う事があるように思われます。

 
f:id:ishikara:20180406140740j:image

聞いたことがあると思いますが

イザナギノミコト

イザナミノミコト

古事記日本書紀に出てくる日本初の御夫婦。

イザナミノミコト(男)は高天原

イザナミノミコト(女)は黄泉国に

住んでいます。

 

同じことを行っても

陰と陽の属性が違えば結果も変わるはずなのです。

持っている力が違うから力の向かう方向も変わると言うこと。

 

例えば磁石のSとNは常に共に存在していますが

その力の違いは、まだ解明されていません。

(私が知らないだけかも知れませんが)

S極だからできること

N極だからできること

S極だけの存在

N極だけの存在

など、

私たちには、

どうにもできないわからないことって

たくさんあります。

S極だけにしかできないことなーんだ?

って言われてもわからないですよね。

N極がS極より優れていることなに?

とか。

なに言ってんの?

と言われてしまいますよね。(笑)


f:id:ishikara:20180406140805j:image

 

陰と陽も同じ。

陰だからできること

陽だからできること

と言うのがあるはずなのですが

いまのところよくわかっていません。

私達人間には、永遠にわからないのかも知れません。

 

こういった陰陽五行のような理由が

『女性はダメ』と言う伝統に絡んでいることが

たくさんあるのではないかと思います。

 

人命第一の中で

目の前で人が倒れた。

だから、助けなきゃいけないと思って行った自然な行動。

だから、これ以上はなにも言わずそっとしておいて欲しいと言う

かの女性。

本当に立派な方なのだと思います。

 

私たちは、なにもできない自分をさしおいて、

行動した人たちのことは言えません。

それは、助けに行ったかの女性以外、

誰にもなにも言えないと言うことに他なりません。

放送した人も。

現場にいた人も。

騒ぎ立てて問題にするなんてもっての他。

この件はこのままそっと時の流れに埋めてしまった方が良いのだと思います。

 
f:id:ishikara:20180406140849j:image

大切にしなければならないこと

過剰に騒いで、女性がダメ=不向きとされていたところに、

女性解禁となったからと言って、

良いことは起きないのではないでしょうか。

 

確かに、女性でもその業界で活躍する方も出てくるでしょうが、

元々神事である『相撲』は消滅してしまうでしょう。

そこに宿る陽の力は、得られなくなるからです。

こういうことを問題視して、

元々あったはずの意味を見失い

伝統の力を壊すのは

私たちがやってはいけない事の一つだと思います。

戦争で世界が壊れるのと同じように

今、見えない力の世界が一つづつ壊されている。

人の世界は、人の手で再建できますが

神が宿っていたものを壊して

作り直しても神の力は、得られません。

 

本来の力がこもったまま

未来へ遺すこと。

今の私たちにはわからなくても

未来の世では必要な力になるかもしれないのですから。

 

同じ理由で、

男性の御神楽とか男性の巫女さまとか。

かなり微妙な気持ちになるでしょう?(__)

 

伝統は

籠められているものごと

未来へ継承して意味をなすのです。