幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

地震に備える 簡単にできるから防災袋を用意しよう!

北海道で大きな地震がありました。

www.asahi.com

私も海町に住んでいるので

やはり津波には敏感になります。

満月、新月の時は

地震が起きやすいと言う話を

以前見つけたので

 ガソリンを少し多目に入れるように

しています。

matome.naver.jp

 東日本大震災の時。

『避難』と言うことを

今までとは違う視点で

根底から考えさせられました。

 

同じ規模の津波を考えると

津波の到達地点が最大6キロと

言われているので

石狩の海から発寒辺りまで

津波が到達したことになります。

 

必要最低限のものを

持って逃げる時間も

ないかもしれません。

 

だってここは

海から数キロしか離れていない場所なのです。

 

だけど。

やっぱり

もって行った方が良いものとかも

ありますから。

 

いろいろ考えて

巾着袋を作りました。

 

防災袋を作っておこう!

とはいってもそう難しいものではありません。

要らなくなった紐付のズボンの

足首部分をざっくり縫って

エストの紐を閉じれば

袋になるようにしただけ。

あまりにざっくり過ぎてごめんなさい(笑)

 

足首の部分は、手縫いでほんとにざっくり。

もし、着るものがないときでも

すぐほどけるように。

 

タオルを一枚ずつ

足首の部分に

たたんでいれておけば

細かいものをいれたとしても

落ちないとおもいますので

 

この状態で

たたんでしまってあります。

 

あとは、

布をL字に縫っただけの片ヒモの巾着を数枚。

これは、何でもいいので大きい布。

古いタオルケットを半分に畳んで

縫った巾着や

シーツを4回畳んで縫った巾着。

(そのまま縫うと巨大すぎて運べないので)

ヒモの部分は荷造り用の

ビニール紐を長めにつけてあります。

 

ビニール紐を着けたのは

何にでも使い回しが効くと思ったから。

我が家には、ワンコがいるので。

リードにもなりますから。


f:id:ishikara:20180414122941j:image

 

そして、シーツ巾着にいれて

一緒につれていけるように

ケージの近くにおいてあります。

 

シーツ巾着は、車にも積んであります。

 

あとは、100円のバスタオルを

L字に縫ってビニール紐をつけた

巾着も作ってあります。

冷蔵庫の中にいれてあります(笑)

 

防災の準備は必要ですが

何事も起きない

日常が続いてくれると良いですね。