幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

私の転機 人生を変えた言葉との出会い

今日は、お題 私の転機について書こうと思います。

それはやっぱり離婚した時のこと。

正確に言えば、離婚をしたことによって

出会えたある方からの

人生を変えた言葉との出会いです。

振り替えると懐かしい。

今ではもう20年も前の話になっちゃいましたが、今でも私の中で輝きつづけている大切な言葉からのキセキ。

 

20年前は離婚の理解者は少なかった

私が離婚した当時は、

今ほど離婚率が高いわけではなく、

女一人で生きていくという事への

蔑視は昔ほどきつくはなかったですが、

皆無ではない時代でした。

 

何で離婚なんかするの。

もっと我慢すれば、やっていけたでしょう。

結婚生活は我慢の上にあるのだから

あなたの我慢が足りないのよ。

考え直しなさい。

 

そんな言葉を毎日受けつつ

それでも解ってもらおうと

周囲の説得もつづけていましたが、

全然解ってはもらえませんでした。

 

耐えがたい我慢の上に

幸せなんてあるのだろうか。

自分の幸せって

こんな我慢だけの生活の先にあるのだろうか?

 

このまま嫌なことを耐える毎日なら

きっと病気になって短命の人生だろう。

それでいいのかな?


f:id:ishikara:20180428024210j:image

 

それなら

やりたいように

いきたいように。

私の手で、人生を探っていこう。

 

どうせ

このまま嫌々生きて短命なら

好きなように生きて絶命の方が

私は納得できる。

 

我慢のまま

後悔を重て死んでいくより

自分の力の足りなさを笑って

死んでいく方がいい。

 

そう思う気持ちは日々強くなり

周囲の説得を重ねる日々でした。

 

今なら、本人同士の意思で

理解をしてもらえるような風潮ですが

20年も前は、

家同士のいろいろが絡み、

本人たちの意思だけでは

なかなか離婚はできませんでした。

 

そういう社会風潮でしたから

私が離婚を決意してからは

とにかく周りとの戦いです。

 

離婚はダメだという親族、

御近所、職場の人達など、

たくさんの方たちの意見を

振り切って

 

自分だけ。

たった一人だけで

離婚の道へ進んでいかなくては

ならなかったからです。

 

本当に自分のわがままなのかもしれないな。

自分は悪いことをしているのではないか。

 

自分の意思でさえ

自分の決意を疑う事もありました。


f:id:ishikara:20180428024249j:image

 

 それでもそんな考え方を振り切って

自分を人生を変えようと。

ただひたすら離婚をするということに

徹して整理や作業をしていました。

 

 そうやって自分のちからで

離婚を成立させるのは

心身ともに本当に一苦労でした。

人生を変えるってホントに大変です。

 

離婚後も生活を維持するのは難しく

周囲の反対を押しきった私に

理解者や協力者は誰もいません。

 

それでも構わないと

無理矢理自分の意思を通したのですから

やれることは全部やろうと

覚悟を決めていました。

 

当時は、社員として勤めるには

年齢的にも難しく

長く続けていけるような業種の募集も

限られていて、

仕事を探すのに苦労しました。

パートのお給料だけでは

生活なんてできません。

 

結果、

当時はまだあまりいなかったのですが

ダブルワークを行い

睡眠時間は3~4時間。

 

体はクタクタ。

毎日があっという間に終わります。

生きることの意味や

楽しさなんて考えも

あっという間にどっかにいっちゃいました。

 
f:id:ishikara:20180428024347j:image

 

ダブルワークでも

生活はままならず

ガスは止まるし

電気は止まるし

水道も止まるし

電話はとまったままなくなっちゃいました。

権利が無くなってしまったんですよ。(笑)

食費0生活の時期もありました。

北海道の冬でも

灯油が買えず家の中5度とかね。

 

今考えると

よく生きてこれたなーって

思っちゃいます。

 

断捨離なんて

おしゃれな言葉がない時代に

強制的にかなりの断捨離を強いられてきました。(笑)

維持できないものは手から離れ。

大切なものさえ壊れていく。

一人で生きるという覚悟と

それに伴う辛さを

毎日噛み締めて生きていました。

 

生活のために大好きだった小物や

洋服、アクセサリーは

オークションやフリマで売って。

 

その上共に生きて行こうと思っていた

大切な愛犬も

亡くしてしまい

心の底から

なにもできない自分

力の無い自分を

思い知らされました。

 

本当に後悔と絶望と虚無感の中で

やるせない思いに苛まれる日々でした。

 

こんなことなら

周囲の言う通りもっとうまく立ち回り

結婚生活をつづけるべきだったのか。

何度も心の中で問いましたが

それでも

結婚生活を続けていた方が良かったとは

一度も思わなかったのです。

 
f:id:ishikara:20180428024408j:image

 

涙が止まらなくなった不思議な言葉

そんなとき

御近所の92才のおばあちゃんが声をかけてくださりました。

 

『あのね。

四十、六十、はなたれ小僧って言うの。

女の幸せ八十からよ。

 

あなたまだまだ、はなたれ小僧にも満たないんだから、赤ちゃんと同じ。

だからね、まだまだ努力できるんだよ。

 

今の生き方を大事にしなさい。

きっといつかわかってもらえるから。

その努力は宝物になるけど、その宝物を大事に守ることができるようになるのは、そうね。八十過ぎてからよ。

 

だから今は、後から宝に変わるものをたくさん集めておきなさい。

 

私は今、大切にしてきたモノ達に囲まれてとても幸せよ。

あなたもいつかこうなるから。』

 

彼女が私にくれた言葉です。

今でも私の心を支える

太い支柱となって私のなかにあります。

 

もうね。

この言葉を聞いたとき

ポロポロポロポロ涙が落ちて

止まらなくて

ただずっと

ポロポロポロポロ。

何時間泣いていたかわからないくらい。

そんな私に寄り添って

止めどなく話をしてしてくださって。

 

彼女の人生も

戦争を通じて大切なものを亡くし

生きることが戦いになっている

社会の中で、

辛い思いをたくさんしてきたそうです。

 

 うんうんとうなずきながら

ポロポロポロポロ涙を流している

私の傍らで、

そんな話をしてくださいました。

 

彼女が当時たった一人の

そして始めての理解者でした。

こんな私を助けても

見返りや良いことなんて

なにもないのに。

 

いつも言葉を交わしてくださり

笑顔を向けてくださり

どれだけ力付けられたことか。

 

環境はなにも変わらず

物理的には苦しい日々でしたが

心に灯りがついたような気がしました。

 
f:id:ishikara:20180428024512j:image

私の転機

まさに。

この方とのこの時の出会い。

この言葉が私の転機となりました。

 

彼女と話をした後から

私の考え方が変わったからです。

 

力不足でなにもできない。

➡️そんなの当たり前。できなくて当然と思って事に当たる。

 

理解されない。わかってもらえない。

➡️同じ境遇の人が後から出てきたら、私だけはわかってあげる。今は、そのための経験を積む。

 

お金がない。生活が苦しい。

➡️努力すればいずれお金持ちになれる。

でも。

努力しても貧乏にはなれない。だから貧乏を楽しむ。

 

 彼女が話してくれた中に

貧乏になるのは突発的な何かがあるから。

だから、貧乏生活ができるのは

どうしたら幸せになれるのかを

自分で体験できる恵まれた証拠なの。 

それは誰れも手にいれることができない

大きな宝物なのよ。

という話があったからそう思えたのだと思います。

 

いつまで苦しいんだろう。

➡️わからないことは考えない。

だけど、お腹もすくし、眠くもなる。

話もするし、笑うし、楽しいし。

あれ?昨日より笑ったかな?

昨日よりよくなったのかな?

(すぐにまたどん底落ちするけどね)

 

なくしたものは考えない。

➡️なくしたものは戻らない。だけど縁があるものは絶対帰ってくる。縁は円だから。

 

もうこんな疲れる生活嫌だ!

➡️そんなこと考える余裕があるなら早く寝る。時間を無駄にしない。

 

そんなとこから20年も生き延びています。

ダブルワークの睡眠不足生活からも

解放されました。

今では楽しい職場に恵まれて

毎日笑って仕事しています。

 

でも。

あのとき彼女の言葉がなかったら

絶対にあのまま死んでいたのではないかと

思います。

 
f:id:ishikara:20180428024546j:image

 

彼女が私にくれたもうひとつの言葉

『私はね。

なにもできないし、取り柄もない。

子供や孫に世話になって、人の手を借りて生きてるの。

 

人が羨むような凄いことはなにもできないの。

でもね。

もしかしたら、私が言葉を交わして、

元気になった人や、

私が何気なくしたことで生きていくことが

できたという人がいるかも知れないのよ。

私は全然すごくないけど、

そうやって私が助けた人が、

世界を変えるほどの

凄い人になるのかもしれないでしょう。

だから。

たくさんの人と言葉を交わすのよ。』

 

私は、目から鱗が落ちたような気持ちでした。

自分はなにもできないただの人間。

そこまでは同じなのに私は

自分の事や生活のことしか頭に無かった。

 

だけど。こんな私でも。

これから先の未来を素晴らしい世界へ

作り上げる人たちへ

手を貸してあげることができるかもしれない。

 

なにもできなくても。

未来の凄い人への小さなお手伝いが

できるかもしれない。

 だから、これからは

そういう方たちの力になれるよう

努力と経験を積もう。

 

 私が生きていくなかで。

仕事をしながら関わる

同僚、お客様

たくさんの接点の中で

私が心に留めている大切なことば。

 

ブログを書こうと思ったのも

お店で交わす他愛ない言葉も。

 すべては

未来を素晴らしい世界へと

変えるほどの凄い人への

小さなお手伝い。

私の楽しいもうひとつの仕事です。

 

たまに出てくる毒舌は

まだまだ社会を知らない

はなたれ小僧ってことで。(笑)