幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

北海道神宮へ花見に行くなら気を付けなくてはいけないこと


f:id:ishikara:20180504131705j:image
今年のゴールデンウィークは、

桜も梅も見頃が重なり、

何処へ行ってもきれいな花が咲いていて、

お花見スポットは人で溢れているようですね。

 

さて。

北海道神宮も、

お花見スポットとして有名ですので、

この連休中にお花見に行かれる方も

いらっしゃると思います。

 

神社の境内では

気を付けなくてはいけないことがあるので、

今日はそのお話を書こうと思います。

 

ここは神様の領域なので

ピクニックや焼肉等

花見ついでにお弁当やお酒を飲んで

楽しむのなら

神様の門を通ってはいけません。

 

ドウイウコト?

 

と思う方もいらっしゃると思いますが

神様のいるところへつながる通り道と

神社という建物へつながる通り道が

存在するということです。


f:id:ishikara:20180504131914j:image

 

もちろんこれは

北海道神宮だけではなく

全ての神社に同じ事が言えます。

 

花見に行くなら建物としての神社へ

花見スポットとしての境内へ行きましょう

ということです。

 

お花見をしたいだけなら

鳥居の真ん中を右足から通ります。

これだけ。

 

 

ただ。管理している方や

その他大勢のお客様たちもいるので

マナーは大切に

楽しんでください。

 

ゴミを放置したり

トイレを汚して帰ってくるとかは

絶対ダメです。

 

飲み物のあまりを境内地へ

棄てるとかもダメです。

 

全て持ち帰りましょう。

ごみ箱あるからそこに捨てた!も

おすすめしません。

 

たとえ

お花見をしたいだけでも

ここは、神様の集う場所なのです。

借りるのは

場所だけ。

 

あなたが立ち去ったあとは

そこに『あなた』の片鱗は

残さないのが礼儀です。

 
f:id:ishikara:20180504132005j:image

 

もしゴミを棄てるとどうなるか。

考えたことありますか?

ここからはちょっと怖い話になります。

 

あなたがさわったもの全て

あなたの念が入っています。

あなたの身体の一部は

たとえどんなものでも

あなたの分身。

 

使ったお箸、紙コップ、ティッシュなど。

あなたの唾液、汗、その他もろもろ。

ついていませんか?

境内で落ちた髪の毛一本も体毛の一本も

カサカサした皮膚の一片も。

全てあなたの分身と言えるのです。

 

神々の中には

これらをエサとして欲しがるものも

たくさんいます。

神様と私たちが呼んでいる

全ての神様が良い神様とは

限らないのですよ。

 
f:id:ishikara:20180504132027j:image

人間が個性様々なように

神様たちにもいろいろな神様がいらっしゃいます。

 

あなたの身体の一部を

食べたい神様もいるわけです。

魑魅魍魎も私たちから見ると

神様の一部と言えてしまうのです。

 

そんなものたちのエサになると

どうなるか。

 

これらに喰われただけ

本体のあなたも蝕まれます。

 

体調がすぐれない。

気分が落ち込む。

いろいろな障りが起き始める。

 

あなたの分身が多ければ多い程

これらは大きくなってきます。

 

もし、トイレを使ったとしても同じです。

 

だから、これら残した分身たちを

自分の本体と切り離し

自分への障りを避けるために

管理してくださっている

みなさまの力を借りましょう。

 
f:id:ishikara:20180504132059j:image

これらの障りから

護ってくださるのは

毎日祝詞を上げてくださる

神社のみなさま。

境内を綺麗にして

禍者を祓うのも

神社のみなさま。

 

その方達への

心遣のお賽銭をあげましょう。

 

これは、管理してくださっている

みなさまへお役立ていただくための

資金ですから

願掛けの金額とはちがいます。

 

自分の思う金額で構わないですから

お賽銭としていれてきましょう。

 これは、人の礼儀ですから。

 

あなたが汚した境内地と

お賽銭をあげたお社と。

同じあなたの分身が残るのですが

どちらがあなたへの作用が大きいでしょう?

 
f:id:ishikara:20180504132134j:image

さんざん騒いで

回りに迷惑かけて

後片付けもしないで

ちょっとのお賽銭を放り投げ

そんなことしても

障りは消えませんが

 

礼を守り

節を正しく行えば

障りを消すくらいの事は

してくれます。

 

もっと言えば

酒宴の席の上座

神様の席を1つ設け

そこにお酒とお料理をおいてから始める。

というのがあれば

多目に見てくれることも

あるかもしれません。

お題「どうしても言いたい!」