幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

副業はホントに始めるべき?

西洋占星術

東洋占星術

数年前から

personalな時代へと

価値観が変わる変化を予言していました。

 

もちろん

離婚者が増えて、

個人主義的な価値観や

個人事業なども流行るのだろうなと

その辺りの予測はしていたのですが

 

それと関連するのかどうか

ここ最近

個人ではじめる副業関連の広告とか

すごく多くなった気がします。

 
f:id:ishikara:20180512104332j:image

副業はほんとに有益?

副業を始めると素人でもすぐに

たくさんのお金が稼げるような

そんな広告が多く目につきますよね。

 

講習会やセミナー等が

たくさん開催されて

なにも知らない素人でも

すぐに副業収入を得られて

たくさんお金が稼げるような

そんな印象の

広告がホントに多くなりました。

 

そんな虫の良い話があるわけない!

と、思っていても

これだけあちこちで

『簡単』と言うワードを目にしていくと

もしかしたらほんとに

稼げるんじゃないかと

思ってしまうのかもしれません。

 

今までは考えたことも

もちろんやったことも

ないような人達が

私もできた!成功した!と

書き込んでいるので

それならできるかも?

って思っちゃいますよね。

 

そして、その種類もほんとに多岐にわたり

様々な種類の副業が出てきています。

自分に合うものがあるかもしれないと

思ってしまいますよね。

 

でも、

講習会やセミナーに参加したり

無料のツールを見る前に

 

ほんとにやったことがない自分が稼げるの?

はじめてでもできた!と、

いっている人たちの話しが

本当だとは限らないよ?

 

それに今の仕事

まだまだやらなければならない事が

たくさんあって

それをやることで昇進したりの成功が

あるんじゃないかな?

 

両立できる?

 

という声をあげている方たちも

たくさんいるのも目につきます。

 

実は、

私はこんな実例を見てほしいと

知ってほしいと

思っていることがあるので

今日はそのお話です。

 
f:id:ishikara:20180512105413j:image

壊れてしまったハンドメイド商圏

私は20年程前にネットショップを作り

ハンドメイドの作品を

販売していました。

 

オークションにも

出品していたこともあります。

 

お客様との繋がりも

メール等でのやり取りで

信頼関係を築き、

長くお客様でいてくださった方も

たくさんいました。

 

スマホの登場で爆発的にユーザーが増えた頃から

ネットショッピングはじめてさんたちが

買い物を始めるようになり、

その頃から少しずつ異変が出てきました。

 

お客様が増えて良くなったんじゃない?

と思われるかも知れませんが

 

当時は信じられないほど

マナーの悪い方が多く

あきれるほど不快な思いをたくさんしたものです。

 

自分は顔の見えない買い手だからと

傍若無人に言いたい放題で

 

ネット販売は安くて当然!

ハンドメイドなのだから

値段はもっと下げないとダメだ!的な

ダメ出しメールや

 

あっちの○○店のような物を

この生地で作ってという模倣の依頼や

 

ハンドメイドだから

オーダーに応じるのが当たり前

自分はお客様だからその言い分を

聞くのは店として当然!と言った

どこの世間知らずの偉い人なのだろう?

と、思うような買い手が増えていきました。

 

もちろんそれらは一切拒否し

応じることはなしなかったのですが

 

そんな買い手が増えている中さらに

ハンドメイド作品は売れるから

副業としてネットショップで

お金を稼ごうとする人達が

どんどん自分のショップを開き始めたのです。

 
f:id:ishikara:20180512105427j:image

ずっと自分のオリジナル作品を

作り続けている方たちで

成り立っていたハンドメイドの世界は

自分のこだわりどころを大切に

 

型紙や縫製方法等も

自分で考えて

使い手のことも考えて

一つ一つ大切に造って販売してきました。

 

それらを『オリジナル・個性』として

自信をもって売っているのですから

もちろん価格もそれなりの値段がついている。

 それは当たり前のことなのですが

 

 そこへ先程のように

たとえ誰かの作品を真似ても

売れれば良いという

 

オリジナルの工夫を考えない

新しいたくさんの作り手が

販売者として流れ込んできてしまったのです。

 

本を見て作った

ネットで見て作った

布や色を変えたから自分のオリジナル

それが個性だと

 

初心者だから下手けだれど

値段が安いです!

と言うことを堂々と主張した売り手が

あっという間に増えて

ハンドメイド作品として

同じカテゴリーに並ぶようになってしまいました。

 

ネットだけではなく

どこへ行っても

ハンドメイドの販売会が開かれて

 

今では『素人で下手だけど売ってます』を

堂々と主張できるマーケットに

変わってしまっています。

 
f:id:ishikara:20180512105445j:image

 

販売店が増えたことで

今までのように売れなくなってしまった

作家さんたちは講習会を行い、本を出し

一般の方に教えることで、

新たな稼ぎ方を始めたのですが

それがまた、新たな販売者を増やすと言った

悪循環を産み出したと思います。

 

副業=稼げる=ハンドメイド

と言った単純発想で

爆発的にハンドメイドの販売店が

増えてしまったのです。

  

作品を大切に造っていた方たちからすると

販売をしようと思っても

同時にオリジナルを真似されて

安く販売されていく。

 

 ひとつ販売したものが

大切に使われていくのではなく

同じものを作るため

解体し研究材料とされているものも

たくさんある悲しい事実なのです。

 

画像の公開も考えなくてはいけず

インスタグラム等で拡散すれば

ショップへの集客もできますが

同時に真似作品の販売も始まってしまう。

おそらく誰もが頭を抱えている部分なのだと

思います。

 

まるで100円ショップの商品のように

手作り品は安いから良いという買い手と

素人だから安く売る作り手で

売買が成り立つハンドメイドの商圏は

あっという間に元々の性質を

変えられてしまいました。

 

もちろん。

ハンドメイドという良さや

個性を理解し

相応の値段の価値を見いだして

買ってくださるお客さまもいらっしゃるのてすが

それは、マーケットのほんの一握りの極少数派。

 

今ではいろんなものが

『手作り』として売られ

企業でさえ、個人マーケットを

警戒している状態です。

 
f:id:ishikara:20180512105458j:image

ほんとに利益を得ているのは、ハンドメイドショップではない事実

ハンドメイドショップを作り

ハンドメイド販売会に店を出し

チラシやショップカードを配り

ブログを書いてツイッター等で

拡散すれば成功できるから

拡散するまでがんばりましょう。

 

そんなことがあちらこちらで

書かれていて

なにも知らない

素人のハンドメイド作家さんたちや

売り上げに悩む作家さんたちは

 

その通りにスペースにお金をかけ

販促するためのツールにお金をかけ

勉強するために本を買ったり

セミナーに参加したり

なんとか名前を売ろうと

お金をかけて人目につく工夫をし始めました。

 

だからそのためのスペース貸し業者や

材料販売などの業者たちや

出版社、印刷会社など

売り上げをあげたいハンドメイド作家を

ターゲットにした業者たちが

どんどん利益をあげています。

 

儲かっているのは

作り手ではなく

こうしたスペースを貸している業者や

材料を提供している業者になってしまっているのです。

 

ついには

『ハンドメイドの資格』なんて怪しいものまで

出てきていますね。

 

なにも知らない素人が

ハンドメイド作品を売ろうとしていることで

本当にハンドメイドの良さを伝える

方たちが店の運営に苦しみ

作品販売をしている人を

ターゲットにした企業が利益をあげていく。 

 

変な構造になっていませんか?

 

良い作品を作り

オリジナリティを追求し

クオリティをあげていけば

売り上げは上がるのですが

そうではない方向へ

進んでいってますね。

 

 同じように、今

副業=稼げると

出てきている広告にのせられることで

今以上の出費が増えるのは

自分なのかもしれません。

 

そして、その動向は

いままでの社会の構造を

変えてしまうほどの影響力を

持ってしまうかもしれません。

 

 

お題「どうしても言いたい!」