幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

震災で学んだこと 簡単な意識編

今回の北海道胆振東部地震で学んだことを整理しようとおもいます。

 

その1

ケータイの充電は大事にする。

スマホがこんなに便利なものだとは

思っていなかったのですが

充電が無くなると、なにもできません。

 

画像送信はしない。

余計なネットは見ない。

電話は必要最低限にする。

ゲームその他のアプリは使わない。

Wi-Fiは切る。

など、残っている充電を大切に使うこと。

 

私は、前に使っていたスマホを2台持っていたので、それらのスポットライトで夜を過ごしました。

 

その2

食べ物はしっかり確保する。

災害時は、今の問題が解決しても

状況はすぐには良くならないので

最低限一週間ほど先を見越して

食料の確保をする。

 

スーパーマーケットで果物や缶詰も良いけれど

ドラッグストアで栄養補助食品や

プロテインを手にいれるのも良いと思いました。

スーパーマーケットやコンビニは

自宅近くに越したことはないですが

電気の復旧が早いところ、

被害が少ないところなど

人がたくさんいない様なところへ

行くのが大事だと思いました。

 

その3

ニュース、人の動き、天気、時間はしっかり見ておく。

 

状況がどう変わったか。

天気はどう変わるのか。

雨、晴れもそうですが、暑いか寒いか等も

わかれば対応ができます。

 

二次災害を出さないように

なにより、

余計な火を使わないよう

傷んだものを食べないよう

風邪ひかないよう

自己管理はいつも以上に必要です。

 

三日間くらい

パンと缶詰とお茶の生活をしていました。

IHなのでお湯もなく、

カップ麺も食べることができませんでした。

 

昨日

カップスープとおにぎりと

卵焼きを食べていたら

体温が上がってきたのが

すごく良くわかりました。

 

体温が上がらないと

活力わかないですからね。

知らず知らず

体温が下がっていたのですね。

食べ物は選べないかもしれませんが

しっかり食べることは

非常時には、

特に大切なことだと実感いたしました。

 

 

皆様は、

このような経験をすることがありませんように。

 

 

お読みいただき

ありがとうございます。