幸せ発見!*いいことあったん*

石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

震災で学んだこと 車のこと

私は軽自動車に乗っています。

満タンにすると燃費があまり良くないと

聞いていたので

1000円ずつこまめにいれています。

 

最近は厚田に行く機会が増え、

2000円ずつ入れるようになっていました。

地震の前日に、給油したばかりだったので

スタンドの給油の列には並ばずに済んだのですが

友人は三時間並んで20リッターしか買えなかったそうです。

 

一区画ぐるっと車が囲んでいるような

とても長い列がスタンドの回りでできていました。

 

信号はすべて消えていて、

対向車も横からの車も

歩行者も色々確認しながら

ゆっくりゆっくり運転しました。

 

なんとなく。

こういうときは、

みんなが動きやすいような

ルールが自然と出来上がるんだなーと

思いました。

海外なら、あっちこっちで

事故や暴動が起きているのでしょうが、

あんな長い列でも

ちゃんと並んで、制限かけられても

それにしたがって給油しているのですから

日本人ってほんとすごいですね!

 

実は私は、給油は困らなかったのですが

カラスが上空から落としてきた

ななかまどがくるまに直撃。

フロントガラスから汚れてしまい、

これを洗いたかったのですが

洗車場は空いていなくて

ガソリンスタンドは長蛇の列で。

とても車を洗うことができるような状況ではありませんでした。

 

落ち着くまで我慢しようと思っていたら

車の足回りに異変が!

なんと。

助手席側二本がパンク。

どこのガソリンスタンドに入ることもできないだろうし

車屋さんは開いてないし。

ここで地震が来て津波がきたら

逃げれない~!と、

ちょっと覚悟をくくって

家にいるとこにしました。

 

やっと昨日(地震後5日後)パンク修理をしてもらうことができて、一安心。

 

作業をしてくださった方のお話では

地震後、パンクが急増していて

なにかを踏んだ可能性があると思う。

とのことでした。

 

夜も街路灯がついていなかったし

車のライトだけでは

やはりちゃんと見えていないのだと

思いました。

 

こういう災害時は

道路もいつもと同じではない。

何が落ちているのかわからない。

車でいこうということ事態が

車が壊れる可能性も出てくる。

すぐ、直せない。

何かがあっても、逃げれなくなる。

その辺りのことも考えて

車に乗ると言うことを考えた方が良いのだと

知りました。

 

こういうことも

震災時はいつも以上に注意が必要だと

知りました。

 

皆様も運転はお気を付けてくださいね。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。