幸せ発見!*いいことあったん*

コラーゲンマシン使った記録や、知っていると便利な不思議なお話。石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

満月・新月で願いを叶える願掛け、おまじないより強力な月を使って運を変える方法

満月に願掛けをすると願いが叶うというのは、
よく聞きますが、ここで記載しているのは、
願いが叶うための願掛けの方法ではなく、

自分の願いを叶えるために
これからどのようなことが用意されているのかを知る方法です。

 金運の上昇や、恋愛の復縁、健康の復活や、
自分の向上など。

 満月になると人の心は高揚するようで、

古くからさまざまなおまじないや言い伝えなども存在し、

人は、月に願いを託して来たようですが、

願いを何かに託して
叶うかどうかは自分ではわからないなんて、
効率悪く思いませんか?
 
 実は、新月と満月の時は引力の関係などで
普段とは違う事が起きやすいと考えられているそうです。

干潮・満潮や、精神的高揚感や、
デトックス作用やその他色々。。。

おまじないやその他の風習なども、
満月や新月の時の干潮によって、
実にさまざまですが
これらの作用に影響されて始まったものなのかもしれませんね。

月の作用

満月や新月の時は太陽と月の引力の作用で
海水が引っ張りあげられ干潮になったり
満潮になったり。

こんなに大きい地球の水溜まりが作用を受けるのですから、
小さな水筒のような人間にも必ず作用していると思われます。
(人間の70~65%は水分と言われていますから)

その為、精神的イライラや、体重の増減、
体調不良等や、出生率や死亡率などを始め
満月や新月の時に起きる色々なデータがあるようです。

 新月時の手術は出血が少なく、
満月時の手術は大量出血を伴うのだと言うのですから、大量出血になりやすい満月の時の怪我には最も注意したいところですね。

 事故や事件なども多くなるところからも、
この時期はいつもと違う考え方や行動をしやすくなるとも考えられています。

 つまり、自分の日常を変えたり、
自分の考え方や悪い癖などを変えたりするのには、
とてもよいチャンスと言うことですよね!

 

満月のおまじない色々

 やはりそのせいか、ちまたでは満月新月の時に色々おこなうおまじないがあるようです。

ネットで調べてみると
満月に願い事をすると叶うとか
新月に願い事をすると叶うとか
満月に願い事を捨てるとか
満月にお財布をふるとか
新月に願い事リストを作るとか
ほんとにたくさんありました。

でも、叶わなかったという書き込みも
同じくらいたくさんありました。
 
満月・新月の力が作用するのは
物理的に平等のはずなのに
どうしてこんなに差があるのだろう?
そんな疑問、でてきませんか?
 
だから私は、 
この満月・新月時は新たな願い事を始めるのではなく、
今現在の自分に『こういうことがおきるよ』と、
気付きのヒントをくれている
ということなのだよと、
教えてもらったときは目から鱗のような衝撃を受けたものです。
 
 それは、十数年前に教えてもらったことなのですが、
そのままずっと今日まで、
毎月行っているのですが、
ほぼ当たるというか。

あー。そうだよなー。
って、府に落ちる。
なんか納得できる方法で
うまく使うと本当に素敵な未来へ繋がる方法なので
今日はそれを書いておこうと思います。

誰でもわかる満月・新月の時にわかる未来のこと

実は、新月・満月の時、
その前後3日くらいに雨が降ります。
(ほぼ3日くらい前です。当日だったこともあります)
 冒頭で記述いたしましたように、
月の干潮の作用で雨も降りやすくなるのだそうです。
 
『天啓を観る』のは、まさにそのタイミングです。
これは、誰でもできます。
特別な力は要らないので、
覚えておくと使えます。
 
まず、3日くらい前に雨が降ったら
ここからが満月タイム(新月タイム)が始まります。
 
この時の雨は、どんな雨ですか?
優しくさらっと少量降る雨。
しとしとずっと降り注ぐ雨。
霧のようにふわーっと降りしきる雨。
バケツがひっくり返ったような激しい雨。
雷を伴う豪雨。
 
この、雨の降り方が天からの啓示そのものなのです。
あなたのやりたいことに、
天はこういう恵みを用意してますよ
と言うことを読みます。

 それって、同じ地域に住んでいたらみんな同じってことじゃない?
 という疑問を持った方も多いと思いますが、
 同じ時間に同じ地域で空を見ることってほとんど無いように思います。

 月や虹の写真を撮っても同じ時刻にたくさんの写真は出てこないですし、
同じものを見ても感じ方はそれぞれ違います。
 
それと同じように、
天啓の詠み方は個人差があります。

というか、実は、その人にしかわからないのです。
 誰かのことを変わりに読んであげるということもできません。
 
 これは、どう言うことかというと
『今、自分が行っていることや、自分の望みにどういう事を天が用意しているか』を詠むということなのです。
 
どういうインスピレーションがあっても
どんな雨の降り方をしていても
それはすべて
天啓=天恵です。
 
大地が雨を受けて
潤い種から芽が出て
生命が息吹くように。
 
どしゃ降りで、大地が崩れ落ちても
また、新たな生命が息吹き
新たな世界が形成される。

だからどんな雨の降り方をしても
雨は必ず、誰か・何かの『恵』になるのです。
 
この新月満月時の雨も同じです。
このとき起きる象意を詠み解くこと。
自分の望みに、
自分の行動に
自分の未来に
どんな『恵』がおきるのか。
 
しっとり潤うような優しい恵みかもしれません。
足元が崩れ落ちるような激しい力で
根底から覆る恵みかもしれません。

どんなことがこの先にあるのか、
『何が起きる』と言う具体的な事を
詠み解くまでには、
少々練習が必要かもしれませんが
自分を取り巻く自分のことなので
慣れてくれば、わかるようになると思います。


現状に対して、どんなことが起きて
自分がどういう行動をすれば
自分の望みが叶うのか。
自分のやりたいことに手が届くのか。
 
未来に起きるであろうことを予測し、
自分で行動の予定をたてることができるということです。
それらが、満月や新月の時にわかりやすいのだと言うことでした。

そして。
満月(新月)の3日くらいあとに
また
雨が降りますので、
そこで満月(新月)タイムは終わりです。

この満月や新月の前後3日に降る雨は
その時々で5日だったり、当日だったり
いろいろです。
 
慣れてくれば、『あ!この雨!』と
すぐわかるようになります。
 
ちなみに
雨が降らず
強い風や、ものすごい強い日照りに
なることもあります。
 
風は『変化』を表し
日照りは『静観』というか
状況を良く観る。見落としがあるかも。
というか、観点を変えてみたら大成功!
みたいな。。。
そんな感じです。
 

満月・新月を使って未来を素敵に変える方法

さて。皆様はこの満月や新月の雨から雨までの1週間くらいを
どうやってすごしますか?
 
イライラしながら衝突を繰り返した
笑いながらあっという間にすぎた
目まぐるしく忙しかった
それがそのまま『起きることの予測』です。
 
天恵と自分の行動予測。
 
時間がぎゅっと詰まっている
この時空間で
色々なことが降っている
つまりそれをよみとくことが
『未来予測』ということです。
 
ですが、これは『未来予測』なので
これじゃダメだと思えば
そうならないように行動を変える。
 
これは素敵だと思えば
自信を持って行動する。
 
教えてくれるのは
自分の力が及ばない大いなる叡智
ですが
自分の望みを叶えるのは
自分自身の意思と行動です。

おまじないのように、新月満月からし
新しいことを始められないのは、
もったいないですよね?
 
だって、月2回しかチャンスがないし、
タイミングを逃すともったいないです。
昔から言われているように
『思い立ったが吉日』
始めよう!そう思ったときから着手。
後は、教えてくれる啓示をうまく詠み解き行動していくこと。
 
その方が、断然成功確率上がると思いませんか?
次の満月や新月の時に
自分への天からのメッセージをぜひ、詠み解いて
成功への道を歩んでくださいね。

ちなみに、おまじないのように一度しか使えないと言うことはありません。何度でも自分の達成したい事について、見ることができます。
 先月と今月では状況も変わっていますからね。

お読みいただきありがとうございます。