幸せ発見!*いいことあったん*

コラーゲンマシン使った記録や、知っていると便利な不思議なお話。石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

『本当に良いの?』地震前の断捨離 物を持たない恐ろしさ

北海道胆振東部で再度地震発生

先日の震度6地震の時は

まだ、札幌市の中心街に

たくさんの人がいました。

 

交通機関の中にも

たくさん人がいました。

 

前回の震災時は

深夜だったこともあり 

ほとんどの方が自宅にいたと思いますが

今回は、自宅以外のところで

被災する恐ろしさが見えたような気がします。

 

ここ最近では

断捨離

ミニマリスト

など、

ものを持たない暮らしを望む傾向が

あるようですが、

 

震災時、

ものを持たない暮らしの方は

絶対といえるほど、

難民化してしまうでしょう。

 

断捨離が流行り始めた頃は

大きな震災もなく

平和だった頃ですよね。

 

買い物にいけば

いつでも何でも手に入り

要らなければ

捨てればいい。

 

必要に応じて

必要なものを買っておけば

事足りる

 

そういう時代でした。

 

でも、今は

日本のあちらこちらで

大きな地震が発生し

たくさんの被害が出ています。

 

物が手に入らず

困窮した経験をお持ちの方も

たくさんいらっしゃると思います。

 

どこで何が起きるのか

本当に解らないです。

だから

必要最低限の準備だけは

しておいた方が良いと思いませんか?

 

例年なら

2月下旬だと札幌近郊は

日中でも氷点下です。

暖かい日でも0度です。

夜になると

-10度以下になることもよくあります。

 

一昔前なら

暖かくしっかり着込んで

何かあったら困るからと

予備の何かもバックにいれて

所持金も少し余計に持って

早めの帰宅を心がけていました。

 

今は、

ものを持たない

という考えの方が多く

必要最低限のものだけしか持ち歩かず

何かあっても

カードで買えばいいと思っています。

 

もし今、

外出先で被災したら?

カバンの中の物で

家までたどり着けますか?

 

早く帰らないと

誰かが助けを求めているかも知れませんよね?

 

隣で怪我をしている人がいるかもしれません。

自分が怪我をしてしまうかも知れません。

 

何が起きるか

分からないのですから。

 

自分がもしもに備えて

外出していたら、

自分の怪我も、横で怪我をした人も

応急手当位できるかもしれません。

 

カードではなく

所持金を少し多めに持っていたら

タクシーで帰ることができるかもしれません。

 

カロリーメイト小さなペットボトル飲料でも

持っていたら

一晩飢えることは無いかもしれません。

 

先日は地震の2時間後、

24時間のスーパーへ行きましたが

お米やパン、水などの棚はほとんどカラ。

半額になっているお弁当類や

乾麺はまだたくさんありました。

 

前回の教訓で

みな、すぐに買い物に出たようです。

 

ガソリンスタンドも激混み!

長蛇の列ができていました。

 

なにかがあってから買うということが

難しくなるかも知れません。

 

もしものこういう時は、

前もって自分が備えていることで

助けを必要としている誰かに

助けの手をさしのべることが

できるようになるのです。

 

ものを持たない暮らしは

スッキリして良いのかもしれませんが、

 

今少し

日本全体が

巨大地震の懸念をされている間くらい

蓄えると言う重要性を

再認識する必要があるのではないかと

思います。

 

会社のロッカーや机の引き出しに

少しだけ予備のものを用意しておくとか

 

停電時はカードもATMも使えなくなるので

そういうときにどうするかを考えておくとか

ガソリンは常にいれておくとか

 

今一度

緊急時に備えるつもりで

生活スタイルを見直してみませんか?

 

お題「最近気になったニュース」

 

お題「どうしても言いたい!」