幸せ発見!*いいことあったん*

コラーゲンマシン使った記録や、知っていると便利な不思議なお話。石狩市近郊情報やハンドメイド、その他いろいろの備忘録です。

初めて知った地震発生のメカニズム『熱移送説』の怖さ

北海道胆振東部地震は熱移送説?

去年の厚真で発生した

北海道胆振東部地震

先日発生した

北海道早来の地震

断層の地震ではないという

記事を見つけました。

 

胆振地震

昨今の地震で一般的に報じられている

プレートテクトニクス説ではなく、

地球の地核から高温の熱が表層に運ばれ、

移動する先々で火山や地震の活動を起こす

熱移送説の可能性があるのだそうです。

 

biz-journal.jp

 

www.hokkaido-np.co.jp

 

たしかに。

 

過去の北海道の地震はほとんどが沖で発生 

数年前までは

北海道で地震があるとほとんどが

浦河沖か釧路沖等の海で発生しており

プレートの境目、

千島海溝での発生だと思っておりました。

その為、常に津波情報を見ていました。

 

ところが

東日本大震災が起きてから

北海道での海の地震

なくなったように思います。


f:id:ishikara:20190224103813j:image

去年起きた胆振地震で初めて

『陸で起きた地震津波が来ない』と

わかったほど

北海道での地震

震源が海であることが圧倒的に多かったのです。

 

ja.m.wikipedia.org

地震は全て

プレートの押し合いで起こるのだと

ずっと思っていました。

 

胆振東部地震発生後

石狩低地東縁断層帯とは違う

新たな断層があり

そこで発生した可能性という見解が

報じられていましたね。

 

ja.m.wikipedia.org

 

震災前日に来ていた台風21号の影響も

あって被害が大きくなったのだそうです。

 

不安定な大陸のプレートに

新月の引力と

台風の気圧等の変化等が

陸地を引っ張るように動かしていくので

地震が起きやすい状態だったとか。

 

陸の地震

気圧も関係するのだと初めて知って

とても驚きました。

 


f:id:ishikara:20190224103838j:image

新しい地震発生のメカニズム

ところが先ほど目にした記事は

全く違う見解がかかれておりました。

 

地下のマグマの熱エネルギーが

陸のプレートを押し上げる?

 

私のイメージでは

沸騰したお鍋の蓋が

カタカタ浮き上がるような感じなのですが。

 

でも。

言われてみれば確かに

マグマは熱を持って、

内部に押し込められているのですから

そこに変化が起きると

熱も漏れてくるはずですね。

 

マグマが押し上げられてくるのは

火山の噴火だと思っていたのですが

熱エネルギーだけが押し上げられてくる

ということは

考えてもおりませんでしたから

ほんとビックリです。

 

お鍋の中身がふきこぼれるのが火山の噴火

沸騰したお鍋の蓋が蒸気でカタカタするのは地震

そんな感じでしょうか?


f:id:ishikara:20190224103853j:image

そう考えると

日本で最近頻発している地震

プレートが押し合ってできている

歪みによるものだけではなく

こういったマグマの熱エネルギーが

地球の表層を押し上げることで生じる

地震もあるのだろうと思いました。

 

私がすごく怖いと思ったのは

プレートの歪みで起きる地震

プレートの境目で発生することが多く

観測することで予測はできそうですが

 

熱エネルギーが押し上げるという

地震発生のメカニズムは

まだ、発見されていない

表層の境目や断層がたくさんあるので

予測が難しく

都市の付近でなんの前触れもなく

巨大地震が発生する可能性があると言うこと。

 

ミルフィーユ鍋のように

キャベツや具を重ても

熱エネルギーは鍋の蓋を浮かせます。

中のキャベツや他の具も

鍋底から上がってくる熱でできた

空気で押し上げられ

あっちへこっちへ

ゆらゆらと鍋のなかで動いています。

 

この、ミルフィーユ鍋のキャベツが

地球の表層、陸地のようなイメージですよね?

 

マグマの動きは観測されているので

火山の噴火や、マグマの流出は

火山付近以外では起こらないのでしょうが

 

大陸なんていくつもの層が積み重なって

できているようなものですから

マグマの通り道付近では

どこに熱エネルギーが吹き出しても

おかしくないと言うことなのでしょう。

 

私たちが住んでいる札幌近郊も

 巨大地震が発生する可能性は

あるのだと言うことですよね。


f:id:ishikara:20190224103909j:image

南海トラフや千島海溝の地震だけを

警戒するのではなく

私たちは

日常生活において

もっと非常事態がいつ起きるかわからない

その対策と準備を怠ってはいけないのだろうと

感じました。

 

しばらく平和だった日本の山々が

相次いで噴火しているのです。

熱エネルギーも上がりやすいのは当然。

 

私たちはその上に住んでいるのですから。

 

もっとちゃんと非常時に備えようと

思い直しました。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

皆様もお気を付けてくださいね。

 

お題「最近気になったニュース」

 

お題「どうしても言いたい!」